包茎手術の情報

手術が必要か



性的なコンプレックスとして、包茎の悩みを抱える方が多くいます。

コンプレックスが解消できるのであれば、包茎手術も選択肢の一つですが、手術には、リスクも付きまといますし、私の友人のように、手術をしたことで、不自然な傷跡が残り、更にコンプレックスを強めてしまうこともあります。

包茎は、日本人男性には割合と多い症状であり、女性は、包茎という理由だけで、あなたを嫌いにはならないということに、まずは気がついて下さい。

もちろん、恋の初めであれば、誰もが、あなたが包茎であることも知りません。

勃起時に痛みが伴わない包茎であれば、性行為も普通にできるはずです。

包茎であるデメリットは、ずっと被っていることで亀頭の発育が遅れてしまい、結果的に、亀頭が先細りになることもありますが、一般的には、恥垢が溜まりやすいために不衛生になりやすいことです。

包皮の内側に溜まったヨゴレが劣化し、異臭の原因になったり、 亀頭の段差(=カリの部分)にウイルス性の白いブツブツや脂肪腫が出来るケースもあります。

仮性包茎のような状態だと、亀頭が被われているいるために、亀頭部が露出した時には、敏感すぎて早漏になってしまったり、真性包茎のような状態では、勃起時でも包皮に被われているため、逆に感じにくく、遅漏になったりして、セックスを楽しむことが難しくなることもあるようです。

しかしながら、勃起時に痛みを伴うケース以外は、手術をするかどうかは、納得いくまで情報を集めてから検討すべきだと思います。焦る必要はないのです。

人間の肌の皮膚は、伸縮性があります。皮は必ず伸びるのです。包皮口を広げることができれば、悩みを解決出来るケースが多くあります。

皮をむく努力を必ずしてみましょう。

納得いく形で、手術に臨まなければ、後悔するかも知れません。

矯正器具を利用することで、包茎状態が改善されることも多々あります。

無料カウンセリング
包茎矯正器具集

包茎とは
仮性包茎とは
カントン包茎とは
真性包茎とは
手術が必要か
手術のデメリット
病院を選ぶには

>>>携帯の戻るボタンでお戻り下さい。

(c)包茎と手術情報室