包茎手術の情報

真性包茎とは




≪真性包茎≫

勃起時でも、亀頭が完全に包皮で包まれて、自分では亀頭を露出することができない状態が真性包茎とされています。

つまり・・

包皮口が非常に狭いため、平常時や勃起時でもむけない状態にあり、亀頭が常に余分な包皮に被われている状態が真性包茎です。

亀頭の成長を阻害し、未発達なペニスになってしまう可能性も高いようです。

むくことが出来ないため、包皮内に雑菌や恥垢が溜まり、異臭やブツブツが出来てしまうこともあります。

包皮と亀頭が癒着(皮膚がくっついてしまう症状)を起こしているケースでは、正常なセックスは不可能であり、排尿時にも障害が出てしまう可能性があり、病院での検査が必要です。

また、勃起をすると、包皮で亀頭が締め付けられるような状態となり、痛みをともなうような真性包茎もあります。これは、包皮口が狭く、包皮が短いために起こる症状です。

逆に、包皮が長すぎて真性包茎になっていることも多々あります。

真性包茎は、深刻な包茎のケースですが、本当に真性包茎ですか?

包皮口が狭くても、必ず、むく努力をして下さい。人間の皮膚は、伸びます。伸縮性があります。

毎日毎日、少しずつでも剥く努力をしましょう。
無料カウンセリング

包茎とは
仮性包茎とは
カントン包茎とは
真性包茎とは
手術が必要か
手術のデメリット
病院を選ぶには
包茎矯正器具集

>>>携帯の戻るボタンでお戻り下さい。

(c)包茎と手術情報室