包茎手術の情報

カントン包茎とは



≪カントン包茎≫

真性包茎と比較して、真性包茎よりは『包皮口』が広い状態ですが、亀頭部よりも『包皮口』が狭いために、亀頭が露出できにくい症状を『カントン包茎』として分類しています。

仮性包茎と真性包茎の中間の状態がカントン包茎とも云えます。

わかりやすくいえば

平常時には、包皮を無理してむくことが出来たとしても、勃起時には包皮口(=包皮の先端部)が狭いために、とてもきつくて剥くことが出来ず、無理してむくと、亀頭のくびれ部分が包皮口で締め付けられて痛みを感じてしまうことがあります。

ひどいケースでは、亀頭でひっかかり、元に戻せなくなったり、包皮口が破れてしまうこともあるようです。

カントン包茎の一番の問題は、包皮口が狭いことです。

本当にカントン包茎であれば、包皮口の狭さを改善するために、手術が必要かも知れませんが、まずは、カントン包茎であるのか、仮性包茎であるのか、正しく状態を把握する必要があります。

包皮口で締め付けられて痛みが伴うのであれば、カントン包茎の可能性が高いと云えます。
無料カウンセリング

包茎とは
仮性包茎とは
真性包茎とは
手術が必要か
手術のデメリット
病院を選ぶには
包茎矯正器具集

>>>携帯の戻るボタンでお戻り下さい。

(c)包茎と手術情報室