包茎手術の情報

仮性包茎とは



≪仮性包茎≫

普段は、亀頭に包皮がかぶっていても、勃起すれば包皮がむけて、亀頭があらわれるケースや、自分の手で包皮をむけば、亀頭があらわれるケースを『仮性包茎』と分類しています。

つまり・・

平常時は、包皮が亀頭を被っていても、自分でむけば簡単に亀頭を露出できる状態が仮性包茎です。

勃起しても手を使えば痛みも無くスムーズにむける状態です。

包茎で問題になるのは、コンプレックスと、包皮が亀頭部分を常に覆っていることで、雑菌の温床となり、内側の包皮がむれてかゆくなったり、炎症を起こすケースがあることです。

仮性包茎であれば、コンプレックスを持たない様にすることと、入浴毎に皮をむいて、衛生面を気をつけることで、手術までする必要がないケースが多いようです。
無料カウンセリング

包茎とは
カントン包茎とは
真性包茎とは
手術が必要か
手術のデメリット
病院を選ぶには
包茎矯正器具集

>>>携帯の戻るボタンでお戻り下さい。

(c)包茎と手術情報室