包茎手術の情報

包茎とは




亀頭部に包皮がかぶっている状態が包茎です。

詳しくは、男性器(ペニス)は、陰茎(サオ)の部分と亀頭の部分に分かれ、伸縮性のある皮膚に被われています。

そして、この亀頭を包む皮膚が『包皮』です。

男性器(ペニス)は、幼児の段階では亀頭が包皮に包まれていますが、成長にしたがい包皮がムケて亀頭が徐々に露出するようになり、成人では、勃起していない状態でも亀頭が完全に露出しているようになります。

成長段階で包皮がムケず、成人しても亀頭が露出しない症状が『包茎』です。

包茎には、3種類あります。仮性包茎、真性包茎、カントン包茎です。

自分でペニスの皮をむこうと思えばむけるのが仮性包茎。

皮をむこうとしても痛くてむけないのが真性包茎。

無理にむくと元に戻らず、皮が亀頭を締めつけた状態になってしまうのがカントン包茎です。

包茎は、医学的には病気という範疇には入りません。

人体に深刻な影響を与えるような病魔ではないことを認識する必要があります。日常生活を送るうえでは、清潔にしていれば治療をする必要はないとも云われています。

包茎の症状を持つ成人男子は、多くいます。特に、日本の男性の包茎率は高いようです。

むやみに、包茎だからと心理的なコンプレックスを持つ必要はありません。

自分が、幼児的な男性器だと思い込み、性的なコンプレックスに悩む方がいますが、女性は、包茎という理由で、男性を嫌いになることはないようです。

包皮は、伸縮性があります。悩む前に、皮をむく努力をしてみることです。

無料カウンセリング

仮性包茎とは
カントン包茎とは
真性包茎とは
手術が必要か
手術のデメリット
病院を選ぶには
包茎矯正器具集

>>>携帯の戻るボタンでお戻り下さい。

(c)包茎と手術情報室